Web広告

コンテンツマーケティングSEO

Web広告とは?〜広告の種類や活用方法、メリット・デメリットをまとめて解説~

Web広告とは、インターネット上で配信される広告全般を指す用語です。
従来、企業の広告といえばテレビCMや看板広告などが一般的でした。
現在はインターネットの普及に伴い、多くの企業がWeb広告を自社のセールスプロモーションに活かしています。
この記事では、Web広告を運用するメリットや、主なWeb広告の種類とそれぞれの特徴についてまとめてご紹介します。
「Web広告とは何なのか分からない」「自社に合ったWeb広告の種類を知りたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

 

Web広告とは

Web広告とは、その名の通りWeb上のメディアで配信される広告全般を意味します。
インターネットが普及するまでは、企業のPRといえばリアル広告と呼ばれるテレビCMや道端の看板広告、電車の吊り革広告、新聞広告やチラシ広告などが一般的でした。
PCやスマートフォンが普及し、人口の大半がインターネットを利用するようになった現代社会において、Web広告は自社の商品やサービスを世に広めたり購買を促したりするうえで絶大な効果を発揮します。
Web広告には様々な種類があり、それぞれ掲載するメディアや運用方法、広告配信のメリットが異なります。
そのため、Web広告施策を始めるにあたっては、自社サービスのターゲット層や広告予算をよく理解した上で、最適な広告手法を選ぶことが大切です。

 

Web広告の主なメリット3つ

Web広告は種類によって運用メリットが異なりますが、大まかなメリットは種類問わず共通しています。
ここでは、従来のリアル広告にはないWeb広告のメリットについて、代表的なものを3つピックアップして紹介します。

 

少ない広告予算から運用を開始できる

テレビCMや看板広告といった従来のリアル広告では、広告の運用に莫大な予算が必要でした。
数十万円から、場合によっては数百万円の費用が発生することも珍しくなく、予算上の都合から広告運用を諦める企業も少なくありません。

Web広告では、使う費用を1日〜1ヶ月単位で細かく設定できます。

1日数百円から運用でき、広告の配信停止や再配信などの手続きも簡単なので、自社の予算に合わせて柔軟に運用できるのが大きなメリットです。

 

広告を配信するターゲットを絞れる

従来のリアル広告では、「こんな人に広告を見てもらいたい」というターゲットをコントロールできませんでした。
Web広告は、広告ごとに配信対象となるユーザーの年齢層や性別、居住地、インターネット上での検索履歴などを設定できるため、自社サービスのターゲットとなるユーザーに絞って効果的に広告を配信できます。
「〇〇県で暮らす20代の女性」「インターネットで『居酒屋 安い おすすめ』と検索したユーザー」のように、特定のターゲットに対して集中的に広告を配信できるため、高い広告効果が期待できます。

 

費用対効果を計測・分析できる

従来のリアル広告では、広告費用に対してどのくらい売り上げや問い合わせが増えたのかという費用対効果が見えないというデメリットがありました。
Web広告では、配信している広告ごとに、どのようなユーザーにどのくらい見られているのか、何件クリックされているのか、商品の購入や問い合わせが何件発生しているのかというデータをリアルタイムで収集し、分析できます。
配信中のWeb広告が理想通りの成果を生んでいるのかが分かりやすいので、広告が好調であれば予算を増やして更なる成果を期待する、広告が不調であれば広告文や配信条件を修正する、といったようにPDCAサイクルを回しやすくなります。

 

Web広告の種類

Web広告には、広告を配信するプラットフォームや運用方法の違いに応じて様々な種類が存在します。
ここでは、とくに多くの企業が活用している代表的なWeb広告を6つピックアップし、それぞれの特徴やメリットを紹介します。

 

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は別名「バナー広告」とも呼ばれ、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジン、あるいは様々なWebサイト上に設けられた広告枠にバナー画像や動画を掲載する広告手法です。
ディスプレイ広告では、インターネットユーザーの検索履歴からそのユーザーの興味関心を分析し、自社サービスへの関心度が高いと思われるユーザーに対して集中的に広告を配信できるのが大きなメリットです。
バナー画像や動画によってユーザーの視覚に訴求するため、自社サービスの認知度拡大に大きな効果が期待できます。
広告費用としては、広告がクリックされる度に費用が発生するクリック型課金と、広告が1000回表示されるごとに費用が発生するインプレッション型課金の2種類があり、自社に合った課金方法を選択できます。
【評価項目:費用対効果】

 

リスティング広告

リスティング広告は、GoogleやYahoo!などの検索ページ上位に自社の広告を掲載できる広告手法です。
リスティング広告では、自社広告の検索キーワードを設定することで、そのキーワードを検索したユーザーに対して広告を表示します。
キーワードを検索しているユーザーは、そのキーワードに対して潜在的および顕在的な悩みや興味関心を抱えている可能性が高く、そのような温度感の高いユーザーに対して集中的に広告を配信することで自社サイトへの訪問や購買行動を促せるのがリスティング広告の強みです。
広告費用としては、クリック1件ごとに費用がかかるクリック型課金が採用されています。
クリック単価は上限金額を設定でき、人気のキーワードになるにつれクリック単価も高くなる傾向があります。
【評価項目:費用対効果】

 

リターゲティング広告

リターゲティング広告は、過去に自社のWebサイトを1回以上訪れているユーザーを対象に広告を配信する方法です。
リターゲティング広告の仕組みとしては、Webサイト内に「タグ」と呼ばれる設計を施すことで、そのWebサイトを訪れたユーザーのCookieIDを収集し、リターゲティングリストを自動作成します。
そのリストに従って、上述のディスプレイ広告や後述するSNS広告などといった形で、自社サイト訪問済みユーザーに絞って広告を配信します。
このリターゲティング広告は特にECサイトなどで重宝されており、自社サイトを訪れたユーザーに集中して広告を配信することで、サイトへの再訪問やリピート購入を促す効果が期待できます。
広告費用としては、クリック件数に応じて費用がかかるクリック型課金が採用されています。
【評価項目:費用対効果】

 

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は、アフィリエイターと呼ばれる外部の情報発信者に協力してもらって自社の商品やサービスを広める方法です。
アフィリエイターに自社WebサイトのURLリンクを発行し、そのリンクをアフィリエイターが自身のSNSやブログなどで発信することで、広告効果が期待できます。
広告費用としては、商品の購入や申し込みといった任意のコンバージョンが発生した場合にアフィリエイターに報酬を支払う成果報酬型が採用されています。
アフィリエイト広告を配信するに当たっては、ASP(Affiliate Service Providerの略、アフィリエイト広告専用の代理店)を通じてアフィリエイターを募るのが一般的です。
ASPを利用する場合は、コンバージョン発生時にアフィリエイターに支払う成果報酬の他に、ASPに支払う月額手数料が必要になります。
【評価項目:成功報酬の最適化】

 

SNS広告

SNS広告は、Twitter、Facebook、Instagram、TikTok、LINEといった各種SNSプラットフォーム上で自社の商品やサービスを宣伝する宣伝手法です。
SNSはそれぞれのプラットフォームごとにユーザーの年齢層や趣向が異なるため、自社のターゲット層と近いユーザーが多いSNSのタイムラインやストーリーズで広告を配信することで、自社ブランドの認知度向上が狙えます。
広告費用としては、クリック1件ごとに費用がかかるクリック型課金と、表示回数1000回ごとに費用が発生するインプレッション型課金の2種類があります。
【評価項目:費用対効果】

 

動画広告

動画広告は、主にYoutube上で動画バージョンの広告を配信する宣伝手法です。
テレビコマーシャルのYoutube版と考えるとよいでしょう。
ちなみに上述のSNS広告では、クリエイティブとして画像だけでなく動画を使用することもできます。
とくにTikTok広告の場合、動画素材の使用がマストとなるため、SNS広告やTikTok広告も動画広告のひとつとカテゴライズすることもできます。
動画広告では、テキストや静止画では伝えることのできなかった自社の魅力を、動画や音声を通じてユーザーに届けられる点が最大のメリットです。
【評価項目:費用対効果】

 

広告費用としては様々な課金方式が用意されています。

Youtube広告では、30秒以上の視聴もしくはクリック1件ごとに費用がかかるTrueViewインストリーム広告、クリック1件ごとに費用がかかるTrueViewディスカバリー広告やTrueViewアクション広告、表示回数1000回ごとに費用がかかるバンバー広告やアウトストリーム広告など、合計9種類の課金形式があります。

自社の予算や方針に応じて、ベストな課金方式を選ぶことが重要です。

 

まとめ

いかがでしょうか。
この記事では、Web広告についての基本的な知識やメリット、代表的なWeb広告の例についてまとめてご紹介しました。
これからWeb広告の配信を始めようと考えている方は、この記事を参考にしながら、自社に合ったWeb広告の方法を探してみてくださいね。

関連記事

  1. Yohoo検索

    集客の時間短縮のためにYahoo広告を利用してみる

  2. リターゲティング広告

    リターゲティング広告とは〜広告の仕組み、メリット・デメリットをまとめて…

  3. Facebook広告

    SNS広告について~Facebook広告の仕組みや費用相場、メリットを…

  4. アフィリエイト広告

    アフィリエイト広告について〜広告の仕組み、メリット・デメリットをまとめ…

  5. Youtube広告

    動画広告について~Youtube広告全6種類のメリット・デメリットをま…

  6. Twitter広告

    SNS広告について~Twitter広告の仕組みと費用相場をまとめて解説…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたの課題を解決します

定型化した集客の仕組みを使ってカスタムメイドのコンサルティングします

フェイスギア・プロモーションシステムで集客から購入までを自動化する

フェイスギア・アフィリエイトの案件を営業代行してみませんか

フェイスギア・紹介型広告代理店になって継続報酬を獲得しましょう

最近の記事

  1. Facebook広告
  2. Twitter広告
  3. LINE広告
  4. Youtube広告
  5. アフィリエイト広告

フェイスギアからのお知らせを希望する方はこちらから登録

PAGE TOP

Web広告

リターゲティング広告とは〜広告の仕組み、メリット・デメリットをまとめて解説~

リターゲティング広告

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングにおけるペルソナを設定してみる

コンテンツマーケティングSEO

コンテンツマーケティング

ADOさんの「いつも賛否両論」になる宣伝効果のおもしろさ

コンテンツマーケティングSEO

Web広告

SNS広告について~LINE広告の仕組みやメリットデメリットを解説~

LINE広告

コンテンツマーケティング

WordPressでSEOを意識したコンテンツの作成のコツをご紹介します

フェイスギア・プロモーションシステム