GoogleとYahooのリスティング広告って?5つの違いと使い分けるポイント徹底解説

Web広告

  • HOME
  • ブログ
  • Web広告
  • GoogleとYahooのリスティング広告って?5つの違いと使い分けるポイント徹底解説

リスティング広告の媒体として一般的なのは、GoogleとYahoo!の2つです。
これらの媒体はそれぞれ特性が違うため、どちらに広告を出稿すればよいか悩むWeb広告担当者も少なくありません。

「これからリスティング広告を始めるにあたって、GoogleとYahoo!どちらの媒体が良いのか知りたい」
「GoogleとYahoo!では、それぞれどのような違いがあるのか知りたい」

上記のような疑問を持つ企業担当者に向けて、本記事ではリスティング広告におけるGoogleとYahoo!の5つの違いと、それぞれを使い分けるポイントについて解説します。

Google広告とYahoo!広告の違い5つ

GoogleとYahoo!では、リスティング広告を出稿する際にどのような違いがあるのでしょうか。
ここでは、代表的な5つの違いを紹介します。

①ターゲティング項目

Google広告とYahoo!広告で大きく異なるのが、「広告配信先を絞り込むターゲティングの項目」です。


【Google】
Googleでは、次のような項目に沿ってオーディエンスを絞り込めます。

  • アフィニティセグメント:ライフスタイル・趣味・習慣など
  • ライフイベント:大学卒業・引っ越し・結婚など
  • 購買意向の強いセグメント:広告主が提供する商品やサービスに似たものを調べているユーザー・あるいは購入を前向きに検討しているユーザー
  • カスタムセグメント:キーワード・URL・アプリ名を入力して最適なセグメントをカスタム可能
  • カスタムインテントセグメント: 広告主にとって最適と思われるオーディエンスを自動で定義して広告を配信
  • データセグメント(旧称「リマーケティング」):広告主のウェブサイト・モバイルアプリ・動画にアクセスしたことのあるユーザー・過去に連絡先情報を提供したユーザーなど、すでに広告主の商品やサービスに興味を示しているユーザー
  • 詳しいユーザー属性:年齢・性別・子供の有無・大学生・住宅所有者・最近子供が生まれたユーザーなど

【Yahoo!】
Yahoo!広告で設定できるターゲティング項目は次のとおりです。

  • サイトリターゲティング:過去に広告主のサイトを訪問したことがあり、かつ検索サイトで商品やサービスを検索しているユーザー
  • デバイスターゲティング:PC・スマートフォン・タブレットなどのデバイスごとに配信対象や入札価格調整率を設定可能
  • 地域ターゲティング:市町村単位で広告配信エリアを限定
  • 曜日・時間帯ターゲティング:指定した曜日や時間帯で利用している検索利用者に広告を配信

総じて、Googleの方がYahoo!よりもリスティング広告のターゲットを細かく設定できるといえます。

 

②広告掲載先

GoogleとYahoo!では、それぞれ「リスティング広告の掲載先」にも違いがあります。


【Google】
Googleリスティング広告ではGoogleサイトの他、Googleと提携した下記メディアにも広告を掲載できます。

  • BIGLOBE
  • Livedoor
  • nifty
  • Rakuten Infoseek
  • 価格.com
  • AllAbout
  • その他多数

【Yahoo!】
Yahoo!リスティング広告ではYahoo!Japanの他、次のような提携メディアにリスティング広告を掲載可能です。

  • Bing
  • MSN
  • excite
  • So-net
  • 朝日新聞DIGITAL
  • Fresheye

GoogleでもYahoo!でも、提携メディアごとにユーザー層は異なります。
リスティング広告を出稿する際は、自社のターゲット層に近いユーザーが多く利用しているメディアを選ぶのが重要です。

 

③広告表示オプション

リスティング広告に表示できる「オプション」にも違いがあります。


【Google】
Googleリスティング広告では、テキストの他に次のようなオプションを表示できます。

  • Webサイトリンク
  • コールアウト(「問い合わせ」「予約する」などのボタン」
  • 電話番号
  • 住所
  • 価格
  • メッセージ
  • アプリリンク
  • その他

【Yahoo!】
Yahoo!のリスティング広告で表示できるオプションは次の4つに限られます。

  • クイックリンク
  • 電話番号
  • テキスト補足
  • カテゴリ補足

表示オプションが多い方がユーザーのニーズに合わせた広告を作成でき、ユーザーの行動を促しやすくなります。

 

④リスティング広告の見出し数と、説明文の文字数

リスティング広告の根幹に関わる「文字数」についても、Google広告とYahoo!広告では異なります。


【Google】
Googleリスティング広告の見出しは30文字以内で、合計3パターン用意できます。
広告の説明文については、90文字以内2パターン作成可能です。


【Yahoo!】
Yahoo!のリスティング広告の場合、見出しが30文字以内という点は同じですが、合計で2パターンしか作れません。
広告の説明文については、80文字以内1パターンしか作れない仕様になっています。

全体的に、Googleリスティング広告の方が文字数に自由が効く媒体といえます。

 

⑤ユーザーの年齢層と利用環境

最後に、「メディアユーザーの属性」にも違いがあります。


【Google】
Googleは日本に限らず世界中で利用されており、ユーザーの年齢層も若者から高齢者まで幅広いのが特徴です。
また、利用デバイスとしてはPCよりもスマートフォンを使っているユーザーが多いと言われています。


【Yahoo!】
Yahoo!は一部の海外ユーザーにも利用されていますが、ほとんどは日本国内のユーザーです。
ユーザーの年齢層としては40代以上の高齢層が中心で、利用デバイスとしてはPCの割合が多いのも特徴です。

 

Google広告とYahoo!広告を使い分けるポイント

ここまで、Google広告とYahoo!広告の媒体特性をそれぞれ比較してきました。
これらの内容を踏まえて、Google広告とYahoo!広告を使い分けるポイントについて紹介します。

Googleリスティング広告がおすすめなケース


若年層に広告を訴求したい

「若者を中心に広告を配信したい」場合は、Googleリスティング広告がおすすめです。
Yahoo!に比べ、Googleは10〜20代のユーザーに多く利用されています。
ファッション関係や飲食店など、若者をターゲットとした広告を打ち出すのであれば、Yahoo!よりもGoogleの方が高い効果が期待できます。


アプリケーションを宣伝したい

「アプリケーションの認知度を高めたい、あるいはダウンロード数を増やしたい」という場合も、Googleリスティング広告が効果的です。
Googleリスティング広告には、App StoreやGooglePlayストアへのリンクを表示できるオプションが用意されています。
これはYahoo!広告にはない機能なので、効率的にアプリを宣伝したい企業にはGoogle広告がおすすめといえます。

 

Yahoo!リスティング広告がおすすめなケース


高齢層のPCユーザーに広告を訴求したい

「中年層〜高齢層のユーザーに対して商品やサービスを訴求したい」場合は、Yahoo!リスティング広告を検討しましょう。
Yahoo!ユーザーの大多数は、40代以上のPCユーザーです。
PCユーザーはスマホユーザーに比べて時間に余裕があり、腰を据えて情報収集していると考えられるので、高単価な商品や中高年向けのサービスを宣伝したい場合はYahoo!広告が効果的といえます。


厳選された法人サイトにのみ広告を掲載したい

「できる限り自社のブランディングを損ねたくない」広告主には、Yahoo!広告がおすすめです。
Yahoo!広告の提携サイトは、すべて公式の法人サイトです。
一方でGoogle広告の場合、Google AdSenseという認可を得ていれば非公式の個人サイトにも広告が掲載される可能性があります。
信憑性の高いサイトにのみ自社広告を掲載したい場合は、Yahoo!広告の方が向いているといえます。

 

Web広告運用はフェイスギアにおまかせください

本記事ではリスティング広告におけるGoogleとYahoo!の違いと、それぞれを使い分けるポイントについて解説しました。
GoogleとYahoo!ではそれぞれ媒体特性が異なるため、広告主の目標に合った媒体を選ぶのが重要です。
また、より幅広いユーザーを網羅的にカバーしたい場合は、両方の媒体で広告を配信しつつ状況に応じて予算配分を調節する必要もあります。
Google広告とYahoo!広告の使い分けにはノウハウが必要なので、リスティング広告初心者はプロの広告代理店にサポートを頼むのも効果的です。
フェイスギアでは、リスティング広告をはじめ幅広い集客手法に精通しており、クライアントごとに最適なWeb集客をお手伝いしています。

フェイスギア・集客コンサルティングの流れ

(※)運用する広告の種類は打合せより決めていきます。

関連記事一覧