コンサルティング

ヒアリングのコツのあれこれ

ヒアリング時は以下のコツをベースに行う。

  • 自分の意見を絶対に述べない
  • 内容が抽象的な場合は「例えば○○ということですか」という誘導の問いを発する
  • 理由があいまいな場合には、「なぜ」を繰り返す
  • 重要な内容については、「こんな話があったのですが」と切り出して確証を得る
  • 相手の話が止まった場合には、「他にないですか」を繰り返す

上記のヒアリングのコツを意識しながら「経営者」「業務部門」にヒアリングを行う

 

経営者への課題ヒアリングのあれこれ

業務部門への課題ヒアリングのあれこれ

関連記事

  1. ナレッジマネージメントの成功への第一歩

  2. 業務部門への課題ヒアリングのあれこれ

  3. アイデアを形にする脳内試行実験

  4. その「見える化」は実は「見る化」です

  5. 投資対効果と費用対効果の違いについてわかりますか?

  6. キャッシュエンジン経営という名のリスク管理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP