フェイスギア・アフィリエイトの広告主利用規約

フェイスギアの利用規約

アフィリエイト広告主規約(以下「本規約」という。)は、フェイスギア合同会社(以下「当社」という。)と当社の提供するフェイスギア・アフィリエイトに関して、広告主との間の関係を定めたものである。

第1条 (定義)

  1. 広告主、広告主サイト
    役務、商品等を提供することを目的として一般消費者を自己の運営するWebサイトに誘導するために、当社に当社指定の申込書を提出、もしくは、当社指定のWebサイトからの申込をしたものを広告主という。広告主が運営するWebサイト(アプリ含む)を広告主サイトという。
  2. メディア会員
    メディア会員規約に同意した上で、一般消費者を自己の運営するWebサイトから広告主サイトに誘導し報酬を得ようと
    するものをメディア会員という。
  3. フェイスギア・アフィリエイト
    広告主が提供する広告を、特定のメディア会員が運営するWebサイトに掲載すること(以下「個別広告掲載」という。)
    により、当該広告を経由して一般消費者が広告主サイトを訪問し、広告主が設定した役務、商品等が一般消費者に提供された場合(具体的な条件は、第3条第1項に定める当社指定の申込書にて指定)に、当社を経由して広告主からメディア会員に報酬が支払われる仕組みをいう。
  4. プロモーション
    広告主が一般消費者に提供する役務、商品等をフェイスギア・アフィリエイトを通して宣伝・露出する行為をいう。

 

第2条 (広告主の申込と契約成立)

  1. 広告主になることを希望するものは、当社指定の申込書を当社に提出、もしくは、当社指定のWebサイトからの申込をしなければならない。
  2. 申込みは、必要事項を記入し提出しなければならない。
  3. 当社は、申込を受領した場合に審査を行う。審査の結果、申込者を広告主として認めた場合には、当社が広告主に対してメールで通知し、その時点で契約が成立する。
  4. 当社が、広告主に対して広告主ID(メールアドレス)をメールで通知する際、広告主には専用の管理画面が付与される。

 

第3条 (プロモーション内容の決定・変更)

  1. 広告主は、プロモーションが開始されるまでに、プロモーション実施期間、成果報酬金額、及び成果承認条件等を当社に提出しなければならない。
  2. 当社は、広告主が提出した申込みに基づきプロモーションの審査を行い、審査承認後にフェイスギア・アフィリエイトに登録を行う。
  3. 前項の審査承認後に、広告主がプロモーション内容の変更を行う場合、広告主は、当社に対して変更の申請を行わなければならない。なお、当社が広告主の申請した変更を完了するまでには一定期間を要することを、広告主は承諾する。

 

第4条 (個別広告の配信・掲載の終了)

  1. 広告主は、第2条第4項に定める管理画面上で、事前にメディア会員に対する告知を行った上で、個別広告の配信を終了させることができる。
  2. メディア会員は、個別広告の掲載を事前の連絡無しに終了することができる。これに対し、広告主は異議を述べることができない。

 

第5条 (成果の承認、成果報酬の確定)

  1. 広告主は、広告主サイトにメディア会員が一般消費者を誘導したことに起因して発生した第3条第1項に定める成果を、広告主が取引上妥当な範囲で定めた期間内に専用の管理画面から承認又は否認をしなければならない。
  2. 広告主は、当社が認めた場合に限り、前項に定める成果承認期間を延長することが出来る。
  3. 広告主は成果承認期間を経過した成果について、広告主により成果が承認されたと当社がみなすことを承諾する。
  4. 専用の管理画面に表示されない成果について、当社又はメディア会員から合理的な根拠が示された場合、広告主は専用の管理画面に表示された成果同様に承認又は否認をしなければならない。
  5. 広告主の成果の承認又は否認について当社が根拠を求めた場合、広告主は当該根拠を当社に提示しなければならない。
  6. 広告主が成果の発生条件をクリックであると定義した場合、当社が計測するクリック数に基づいて成果報酬の計算がされる。ただし、不正クリック等当社が合理的であると判断する項目については除外する。
  7. メディア会員が、別途定められているメディア会員規約に違反して退会等になり、成果報酬の没収・返還が当社によって行われた場合でも、広告主は承認した成果について当社に成果報酬額と手数料を支払う義務を負う。

 

第6条 (オプションの利用)

  1. 広告主が、別途設定されるフェイスギア・アフィリエイトのオプション機能を利用する場合には、当社指定の申込手続きを行わなければならない。

 

第7条 (フェイスギア・アフィリエイト利用代金の請求・支払)

  1. 当社は毎月末日を締め日として、フェイスギア・アフィリエイト利用代金を広告主に請求する。
  2. フェイスギア・アフィリエイト利用代金は、成果報酬額、当社手数料、オプション利用料等を集計して計算される。
  3. 広告主は、翌月末日までに当社指定の預金口座に、フェイスギア・アフィリエイト利用代金を支払わなければならない。なお、振込手数料は広告主の負担とする。
  4. アフィリエイト利用代金が3,000円に満たない場合、当社の裁量で広告主に対する請求を次月以降に繰り延べることができる。ただし、請求の繰り延べが続いた場合は、最終成果月から半年経過した月末に、繰越請求額を請求するものとする。
  5. 広告主に対する当社の請求は、当社が指定する媒体によって行われる。

 

第8条 (フェイスギア・アフィリエイト利用代金の支払い義務遅滞)

  1. 広告主が、フェイスギア・アフィリエイトの利用代金の支払義務を怠った場合には、年14.6%(年365日の日割り)の割合で、当社に対して遅延損害金を支払うものとする。
  2. 当社は、広告主がフェイスギア・アフィリエイトの利用代金を支払わない限り、メディア会員に対して報酬を支払わない。これによって発生するメディア会員との問題については、広告主の費用と責任で解決するものとし、当社は一切関与しないものとする。

 

第9条 (保証)

  1. 広告主は当社に対し、広告主のプロモーションが、第三者の著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、回路配置利用権及びパブリシティ権、肖像権、プライバシー権、名誉権その他の権利を侵害しないことを保証する。
  2. 当社が広告主のプロモーションに関し、第三者の権利を侵害するとして、第三者からクレーム(訴訟を含む)を受けた場合、広告主は広告主の費用と責任で当該クレームに対処するものとする。
  3. 当社がクレームにより損害を被った場合(当社が第三者に発生した損害を賠償した場合を含む)においては、当社は、広告主に対しかかる損害(合理的な専門家費用及び訴訟費用を含む)の賠償請求をすることが出来るものとする。

 

第10条 (禁止行為)

  1. 広告主は、以下の行為を行ってはならない。
    ①本規約又は別途締結される個別契約上の地位の移転、又はこれらに基づく権利義務の全部、若しくは一部の譲渡
    ②法令の定めに違反する行為又はその虞のある行為
    ③公序良俗に反する行為
    ④一般消費者の判断に錯誤を与える虞のある行為
    ⑤メディア会員に対して、当社を介さない広告掲載を誘引する行為(当社が許可した場合は除く)
    ⑥フェイスギア・アフィリエイト申込後に同種又は類似の業務を行う行為
    ⑦当社のサービス業務の運営・維持を妨げる行為又はその虞のある行為
    ⑧有害なコンピュータプログラム、メール等を送信又は記載する行為
    ⑨サーバその他当社のコンピュータに不正にアクセスする行為
    ⑩本規約の各条項に違反する行為
    ⑪当社が別途禁止行為として定める行為
  2. 広告主が前項第5号に違反した場合には、該当するメディア会員がフェイスギア・アフィリエイトにおいて違反日を基準として過去3年間で獲得した報酬の3倍の金額を、広告主は当社に対して違約金として支払うものとする。
    ただし、当社に発生した損害額が当該違約金を上回る場合、広告主は当該損害額を当社に対して支払うものとする。

 

第11条 (反社会的勢力との絶縁の保証)

  1. 当社及び広告主は、相手方に対し、次の各号に定める事項について保証する。
    ①暴力団等の反社会的勢力との間に、直接・間接を問わず何ら資本・資金上の関係もないこと。
    ②暴力団等の反社会的勢力に対して、名目の如何を問わず資金提供を行っていないこと、及び今後も行う予定がないこと。
    ③暴力団等の反社会的勢力に属する者及びそれらと親しい間柄の者を役員等に選任しておらず、また、従業員として雇用していないこと。
    ④暴力団等の反社会的勢力が、直接・間接を問わずその経営に関与していないこと。
  2. 当社及び広告主は、相手方が前項の保証に反すると合理的に判断したときは、第20条第1項第1号に基づき本規約を解除することができるものとする。

 

第12条 (IDとパスワードの管理)

  1. 広告主は、第2条第3項に基づき当社から発行されたパスワードについて、第三者に知られないように厳重に管理し、パスワードの盗用を防止する措置を広告主の責任において行う。
  2. 当社は、第2条第4項に定める管理画面へのアクセスについて、送信されたID、パスワードがいずれも広告主の登録事項である場合には、広告主からの送信として取り扱うこととし、不正使用その他の事故等により生じた損害については一切責任を負わない。

 

第13条 (担当者との連絡)

  1. 広告主と当社との連絡は、電子メールにて行われるものとする。当社は、広告主が登録したメールアドレスに情報を発信した時点で広告主への通知を完了したものとみなす。
    また、電子メールで一定期間連絡が取れず、適切な運用ができないと判断した場合、当社でプロモーション編集又は停止等の対応ができることとする。

 

第14条 (成果の管理)

  1. 広告主は、10日に1度以上は、当社が付与した広告主専用のWebページにアクセスし、成果結果に関するデータを管理する義務を負う。
  2. 広告主は、メディア会員による不正な行為を発見した場合、直ちに当社に報告しなければならない。
  3. 広告主が、成果結果に関するデータの管理・不正な行為の報告を怠ったことに起因する一切の損害は広告主の負担とし、メディア会員とのトラブルは広告主の費用と責任で解決するものとし、当社は一切関与しない。
  4. 広告主の成果の承認又は否認に関して虚偽の処理又は不当な処理が判明した場合、広告主は当社に対して、該当成果に対応する報酬、当社手数料、及び当該不正行為を明らかにするために当社が負担した一切の費用を、当社に対して支払う義務を負う。

 

第15条 (成果測定システムの設定及び管理)

  1. 広告主は自らの責任において、広告主サイトに成果測定システムの設定を行い、広告主サイトの運営・管理上の一切の動作・作業により当該設定に誤りが生じないよう、常に管理する責任を負うものとする。
  2. 当社から成果測定システムの更新情報等がアナウンスされた場合、広告主は速やかに対応しなければならない。
  3. 広告主の懈怠により成果測定システムの設定に誤り又はその他の不具合が生じた場合、付随して発生する一切の問題について広告主の費用と責任で解決しなければならない。

 

第16条 (秘密保持)

  1. 当社及び広告主は、フェイスギア・アフィリエイトに関連して知り得た相手方の販売政策、顧客情報、その他の情報を漏洩してはならず、また、本規約履行の目的以外に使用してはならないものとする。
  2. 以下の各号のいずれかに該当する情報については、当社及び広告主は、前項の義務を負わないものとする。
    ①情報の開示の時点で、すでに公知である情報
    ②情報の開示の後、情報の開示を受けた当事者の責に帰すべき事由によらず、公知となった情報
    ③情報の開示の以前から、情報の開示を受けた当事者が適法に所持していた情報
    ④情報の開示の後、情報の開示を受けた当事者が、第三者より秘密保持義務を負わず適法に入手した情報
    ⑤開示について事前に相手方の承諾を書面にて得ている情報
    ⑥弁護士、公認会計士等の法令上の守秘義務を負う者に開示する情報
    ⑦裁判所、警察、税務署、金融商品取引所等の公的機関又は審査機関の命令又は要請に基づき秘密情報を開示する情報
    ⑧当社が、内部管理に関する業務を行うために、当社の関係会社(財務諸表等規則第8条第8項に定める者をいう。)に
    対して開示する必要のある情報
  3. 当社は、フェイスギア・アフィリエイトに蓄積された広告主の統計情報をフェイスギア・アフィリエイトの活性化に必要な範囲内で利用することができる。
  4. 本条の義務は、本契約の終了後も有効に存続する。

 

第17条 (個人情報管理)

  1. 当社及び広告主は、個人情報の取り扱いについて、個人情報の保護に関する法律、特定電子メールの送信の適正化等に関する法律、特定商取引に関する法律、およびその他の法令を遵守するものとする。

 

第18条 (有効期間)

  1. 本規約の有効期間は、広告主の契約成立から1年後の末日までとする。
  2. 期間満了の1ヶ月前までに、当社又は広告主のいずれからも本規約終了の申し入れのない場合、当社及び広告主は、本規約を同一条件で1ヶ月間継続することに合意したものとみなし、以後についても同様とする。

 

第19条 (有効期間中の解約)

  1. 当社及び広告主は、前条の有効期間中といえども、書面による1ヶ月前の予告を持って本規約を解約できるものとする。
  2. 広告主が当社に対して支払った成果報酬額、当社手数料、オプション利用料等は、広告主による解約申出により途中で本規約が終了した場合においても、その他の事由の如何を問わず返還しないものとする。
  3. 解約日時点で承認又は否認が行われていない成果については、本規約が解約された場合でも、本規約に則って広告主が承認又は否認を行う義務を負い、当社は、広告主が承認した成果に関する成果報酬及び手数料を請求する権利を有する。

 

第20条 (契約の解除等)

  1. 当社又は広告主が、以下のいずれかに該当した場合、他方当事者は何らの催告を要さず直ちに本規約及び個別契約の全部又は一部を解除できるものとし、被った損害(合理的な専門家費用及び訴訟費用を含む)の賠償を請求することができるものとする。
    ①本規約又は個別契約に定める各条項に違反したとき
    ②強制執行を受け、若しくは会社更生、破産、民事再生、特別清算等の申し立てがなされたとき
    ③合併によらず解散したとき、又は主要な営業を譲渡したとき
    ④支払い停止又は手形交換所の不渡り処分を受けたとき
    ⑤その他著しい信用の悪化、背信行為のあったとき
  2. 前項に基づき本規約が解除された場合、相手方当事者は、他方当事者に対する債務を直ちに支払う義務を負う。

 

第21条 (サービスの一時停止)

広告主は、フェイスギア・アフィリエイト又は、広告主のプロモーションについて、以下の事由により広告主に事前に通知されることなく一定期間停止される場合があることをあらかじめ承諾し、サービス又はプロモーション停止によるシステム利用料等の返還、損害の補償等を当社に請求しないこととする。

  1. 当社のサーバ、ソフトウェア等の点検、修理、補修、改良のための停止
  2. コンピュータ、通信回線の事故、障害による停止
  3. 広告主のプロモーションが下記の事項に該当する場合
    ① 公序良俗に反している場合
    ②第三者の権利を侵害している場合
    ③諸法令に抵触している場合
    ④登録情報が最新実態とそぐわず、古いまま長期間更新されない場合
    ⑤成果計測が長期間正常に稼働していないと当社が判断した場合
    ⑥その他、適切な運用ができないと判断した場合

 

第22条 (免責)

  1. 当社は、広告主がフェイスギア・アフィリエイト利用に関して被った損害(サーバ又はソフトウェアの障害不具合・誤作動、フェイスギア・アフィリエイトの全部又は一部の停止、広告主の利用停止、顧客との取引などによるものを含むが、それらに限らず、またその原因の如何を問わない)について、賠償する責を負わないものとする。
  2. 当社は、広告主の事前の承諾なく、フェイスギア・アフィリエイトの仕様などの変更若しくは追加、又はフェイスギア・アフィリエイトの停止若しくは廃止を行うことができる。

 

第23条 (損害賠償)

  1. 広告主の行為を原因として第三者に損害が発生した場合、当社は何ら責任を負わないものとする。
  2. 広告主の行為を原因として当社に損害が発生した場合(当社がメディア会員その他の第三者から損害賠償等を請求された場合を含む)、広告主は当社に訴訟費用、弁護士費用等も含めた損害額を支払う義務を負う。

 

第24条 (不可抗力)

  1. 天災、ストライキ、戦争行為、通信回線の不通又は通信機器の破壊等の不可抗力があった場合、当社及び広告主は、本規約義務を履行する責任及び履行遅滞についての責任を負うことはない。

 

第25条 (規約の変更)

  1. 当社は、広告主の一般の利益に適合するとき、または、契約の目的に反せず、かつ合理的な変更である限り、あらかじめ広告主の承諾を得ることなく、本規約等を変更することができるものとする。この場合、当社は、本規約等を変更する旨および変更後の本規約等の内容、ならびに当該変更等の効力発生時期を、当社が定める発効日よりも前に当社ウェブサイト上での掲示その他の適切な方法により周知し、または、広告主に個別に通知するものとする。
  2. 前項にかかわらず、法令等により、本規約等の変更につき、広告主の承諾が必要な場合、当社は広告主の承諾を得るものとする。

 

第26条 (準拠法、合意管轄裁判所)

  1. 本規約は日本法に基づき解釈されるものとし、当社と広告主との間で訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所又は広島地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

 

第27条 (協議事項)

  1. 本規約に定めのない事項又は本規約に関し疑義が生じた場合は、当社及び広告主双方で、誠意を持って協議し円満に解決を図るものとする。

以上

 

おすすめ情報

  1. 集客コンサルティング

    フェイスギアの集客コンサルティング
    戦略コンサルタントという謎の生物をあなたは見たことある?…
  2. 集客コンサルティング

    フェイスギアの集客コンサルティング
    属人化を剥がす(1) 標準化がうまく行かないわけ…
  3. プロモーションシステム

    フェイスギア・プロモーションシステム
    GmailのSMTPサーバ経由でメールを送信する…
  4. プロモーションシステム

    フェイスギア・プロモーションシステム
    プロモーション自動化へのこころみ…
  5. 集客コンサルティング

    フェイスギアの集客コンサルティング
    毎月22日は「ショートケーキの日」のセンスが素晴らしい…
  6. コンテンツマーケティング

    コンテンツマーケティングSEO
    集客の時間短縮のためにYahoo広告を利用してみる…
  7. 集客コンサルティング

    フェイスギアの集客コンサルティング
    投資対効果と費用対効果の違いについてわかりますか?…
  8. 集客コンサルティング

    フェイスギアの集客コンサルティング
    新しいことを始めて継続することは難しいがチャレンジしてみる…

あなたの課題を解決します

定型化した集客の仕組みを使ってカスタムメイドのコンサルティングします

クローズ型のフェイスギア・アフィリエイトで広告を出しませんか

クローズ型のフェイスギア・アフィリエイトでメディア会員になりませんか

フェイスギア・プロモーションシステムで集客から購入までを自動化する

フェイスギア・アフィリエイトの案件を営業代行してみませんか

フェイスギア・紹介型広告代理店になって継続報酬を獲得しましょう

フェイスギア・アフィリエイト

フェイスギア・アフィリエイトのメディア会員ログイン

フェイスギア・アフィリエイトの広告主ログイン

最近の記事

  1. フェイスギアからのお知らせ
  2. フェイスギアからのお知らせ
  3. コンテンツマーケティングSEO
  4. フェイスギア・アフィリエイト
  5. フェイスギアからのお知らせ

お知らせを希望する方


名 前:メール:

PAGE TOP

コンテンツマーケティング

インターネットにおける集客方法の効果について色々まとめてみました

コンテンツマーケティングSEO

コンテンツマーケティング

SNS運用の基本はコミュニティ作りからはじまります

コンテンツマーケティングSEO

集客コンサルティング

環境の変化への適応ができないものは滅びるというのは本当なのか?

フェイスギアの集客コンサルティング

プロモーションシステム

インターネット広告宣伝の仕組みをフォーマット化する

フェイスギア・プロモーションシステム

ニュース

「Professional Online」で当社代表インタビューが掲載されました…

フェイスギアからのお知らせ