コンサルティング

経営層への課題ヒアリングのあれこれ

業務要件定義における課題の把握で経営層へのヒアリング項目は
以下の通りです。必要に応じて取捨選択のこと。

1.中期計画等について

① 中期経営戦略と施策内容
② 中期計画の背景(強み、弱み、機会、脅威)
③ 中期計画策定のプロセス(各部門の参加は?)
④ コア・コンピタンス(自社の核となる技術や特色)
⑤ 各部門での遂行状況
⑥ 遂行にあたっての課題

2.事業内容ついて

① 商品、サービス内容とその特性
② 主な営業方法
③ モノ、金、情報の流れ
④ 事業体制

3.市場ついて

① 対象市場とその規模
② 御社の市場における位置づけ
③ 競合他社の状況

4.顧客について

① 主な顧客
② 顧客の特性

5.今年度の経営方針

① 会社方針
② 本部、部の方針

6.経営課題、問題点

① 業績面(売上、利益率)
② 顧客対応について
③ 業務の進め方
④ 社員スキル、風土


7.経営層の思い

 


以上のヒアリング項目サンプルは、すべて聞かなければならないという訳ではない
ので、必要に応じて取捨選択し現状の課題を把握し次のステップへ繋げて行く。

関連記事

  1. アイデアを形にする脳内試行実験

  2. 業務部門への課題ヒアリングのあれこれ

  3. ナレッジマネージメントの成功への第一歩

  4. 属人化を剥がす(1) 標準化がうまく行かないわけ

  5. 自分でトラブルを起こし自分で解決。そして評価UP!!

  6. アフィリエイト探索

    あなたの代わりに費用対効果の高いアフィリエイトASPを探します

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

いろいろ思う事

アイデアを形にする脳内試行実験

いろいろ思う事

環境の変化への適応ができないものは滅びるのか?

いろいろ思う事

たたき台(ドラフト版)を作れない人は意外に多い

コンサルティング

業務部門への課題ヒアリングのあれこれ

コンサルティング

属人化を剥がす(1) 標準化がうまく行かないわけ