集客の時間短縮のためにYahoo広告を利用してみる

Web広告

コンテンツマーケティングの実施には、時間が掛かる(6ヵ月~1年程度)ため、その間の集客活動としてYahoo広告は有効です。
そこでYahoo広告の用途についてまとめてみましたのでご紹介します。

Yahoo広告には、「検索広告」と「ディスプレイ広告」と呼ばれる広告タイプがあり広告宣伝した内容により選べます。

 

広告タイプ3つのご紹介

検索広告

Yahoo検索結果の近くに表示されるテキスト広告。
広告、キーワード、地域、入札単価を指定します。


【掲載場所】

  • Yahoo! JAPANの検索
  • Yahoo!マーケティングソリューションパートナー

 

ディスプレイ広告(予約型)

Yahoo! JAPANのトップページ、Yahoo!ニュースなどのサービスページに視認性の高い画像や動画の広告を掲載します。
掲載期間と表示回数を保証する広告商品で、同枠の運用型広告よりも優先的に配信されます。
※ビューアブルインプレッション購入型課金


【掲載場所】

  • Yahoo! JAPANのトップページ
  • Yahoo!ニュースなどのサービスページ

 

ディスプレイ広告(運用型)

Yahoo! JAPANトップページ、Yahoo!ニュースや主要提携パートナーサイトにバナーや動画で表示できる広告です。
広告出稿の目的(コンバージョン、動画再生、サイト誘導など)に合わせた運用が可能です。
※クリック課金


【掲載場所】

  • Yahoo! JAPANのトップページ
  • Yahoo!ニュースなどのサービスページ
  • Yahoo!マーケティングソリューションパートナー

 

Yahoo広告の運用について

Google広告がシェアと効果が高いのでメインの「リスティング広告」は「Google広告」として「Yahoo広告」は補助的に利用するのが良いと思われます。

 

クローズド型アフィリエイトで質の高い集客

アフィリエイトとは、インターネット広告手法のひとつで「成果報酬型広告」とも呼ばれます。 簡単に言うと、「商品やサービスが購入された時に成果報酬を支払う広告」というシステムです。

詳細はこちら

関連記事一覧