マーケティング

WordPressでSEOを意識したコンテンツの作成のコツをご紹介します

マーケティングのためのコンテンツの作成のコツは、あいてに「自分向けの内容だ」と思わせることが大事です。
コンテンツには必ず「ランディングページ」への導線を準備しましょう。

コンテンツの内容については以下のパターンが主な内容になります。

1.ハウツー
   何かの物事を今より上手に効率的に行うための方法を提供する。
2.ニュース
   最新だけでなく、まだ一般に知れ渡っていない情報をわかりやすく届ける。
3.ケーススタディ
   何かの物事を行ったときの成功例、失敗例、または経験談をわかりやすく届ける。

 

SEOを意識したコンテンツの作成

コンテンツの作成で大事なことがもう一つあります。
それは、 Yahoo、Google等の検索エンジンの検索結果にWebサイトが上位に表示されるようにする「SEO」です。

1.ビッグキーワード
   検索エンジンで検索される回数が多いキーワード
2.ロングテールキーワード
   検索ボリュームが小さい「品川 賃貸 ペット可 徒歩10分」といった、複数語を指します。

検索順位を決めるために、サイトを巡回して情報を収集するクローラーは収集した情報を、ランキングエンジンに送信します。
このクローラーに、正しくあなたのサイトの情報を収集してもらいコンテンツが正しく評価されるようにしましょう。

コンテンツは、以下を意識して作成しましょう。

1.タイトルにキーワードは入っているか(ロングテールキーワード)
  タイトル内でのキーワード使用は必須です。検索されそうなキーワードを考えて組み込んでいきます。

2.見出しタグの配置は適切か
  例えば、<h2>の後に、<h5>が来て、すぐに<h3>が来るというような配置では、クローラーが混乱してしまいます。

3.見出しタグ内で不自然なキーワードの使い方をしていないか
  見出しタグ内にキーワードはあった方が良いですが不自然に入っている場合は逆効果です。

4.画像のALTタグは入力しているか
  画像の内容を、簡潔に説明するようなものを入力しましょう。

5.カテゴリーは設定しているか(ビッグキーワード)
  カテゴリーページはSEO上とても大切です。全ての記事にカテゴリーを設定しましょう。

6.パーマリンクは適切か
  記事URLのことです。○○.jp/192のような機械的なものではなく、簡潔なパーマリンクを設定しましょう。

7.内部リンクはいれたか
  関連性のある過去記事に内部リンクを入れることで、古い記事にもクローラーが回ってくれるようになります。

 

 

 

「あなたの広報部門」として業務を支援します

広告宣伝のテンプレート化した仕組みとWebデザイナーやコピーライター等のプロ人材を組み合わせてあなたに合った業務を支援します。
フェイスギアでは、コンテンツマーケティングをベースとして集客コンサルティングを行って行きます。

お問合せ・ご相談をお気軽にどうぞ。
お問合せ
フェイスギアの広告業務についての資料請求について 無料相談 広告宣伝業務の新規申込

コンテンツマーケティングでの集客から販売の流れに興味がある方は以下よりお願いします。

広告宣伝の自動化に興味がある方はは以下よりお願いします。

関連記事

  1. 広告代理店の探索・調査

    コンテンツマーケティングにおけるペルソナを設定してみる

  2. ショールーム

    店舗を持たずにショールームを活用することで費用の削減をしてみる

  3. Web広告

    集客の時間短縮のためにGoogle広告を利用してみる

  4. 広告代理店のあれこれ思う事

    投資対効果と費用対効果の違いについてわかりますか?

  5. Web広告

    集客の時間短縮のためにYahoo広告を利用してみる

  6. 実績やこだわり

    そのブランディングは間違っていませんか?もう一度考察してみませんか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスギア・アフィリエイト

最近の記事

  1. 集客検討
  2. Web広告
  3. Web広告
  4. ネットワーク

お知らせを希望する方


名 前:メール:

PAGE TOP

コンサルティング

ナレッジマネージメントの成功への第一歩を踏みだす

集客ネットワーク

マーケティング

そのブランディングは間違っていませんか?もう一度考察してみませんか

実績やこだわり

コンサルティング

あなたの商品・サービスを使って何ができるか考えてみる

広告代理店のプラン

マーケティング

パートナー支援システムの仕組みについて説明します

パートナー支援システム

コンサルティング

ヒアリングを行う際のコツのあれこれと考えてみる

Web会議