コンサルティング

情報化のレベルについて

情報化には、次表に示すような3つのレベルがある。

 業務改革業務改善作業改革
パフォーマンス
改善率
劇的な効果
80~85%
通常の効果
10~45%
限定的な効果
5~10%
対象領域全ビジネスプロセスまたは複数のサブプロセスにまたがる領域部局内の複数業務にまたがる領域特定の業務に限定
所要期間最低9~18ヶ月1年未満数ヶ月程度であるが、繰り返しいろいろな業務において実施することになる
焦点現在のビジネスプロセスをトータルに見直し再構築する特定の業務機能を自動化する今の業務の進め方を改良する。
必要な
リーダシップ
経営層によるリーダーシップが必要部門長によるリーダーシップが必要担当責任者によるリーダーシップが必要
実施方法業務担当者とその業務のサービスを受ける人たちを含んだ専任チームによる実施関連部署の代表者からなるWGによる実施当該業務の担当者によるQC活動的な方法による実施
リスクと
コスト
人的資源と経営資源を占有し高いリスクを伴う現在とは大きく隔たったビジネスプロセスへと変貌するには多大な抵抗があるリスクの大きさはどの位のビジネスプロセスが含まれるかによるが、あまり大きなものではない追加コストと要員を必要とし、改善されたプロセスを実施するにはそれなりの抵抗を伴うリスクは小さく、現状の資源のやりくりで対応できる活動の結果考え出された新しい方法は抵抗なく受け入れられる
基本理念現在のビジネスの方法を根本的に変える機構や技術、システム、風土の変革を前提とする現在のビジネスの方法を変えずに付加価値を生まない業務プロセスを取り除く業務手順の限られたステップ内での改善

情報化を検討する際には「業務改革」「業務改善」「作業改善」とレベル分けをして自分がやりたいのはどのレベルか意識して実行して行くべきです。

関連記事

  1. 経営層への課題ヒアリングのあれこれ

  2. 業務部門への課題ヒアリングのあれこれ

  3. ヒアリングのコツのあれこれ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP