コンサルティング

業務部門への課題ヒアリングのあれこれ

業務部門へのヒアリング項目のまとめ、すべて聞かなければならないという訳ではないので、必要に応じて取捨選択する。

1.現状業務内容について

① 業務概要(部門ごとに)
 <営業部門>
  ・提供している商品
  ・主要クライアント
  ・利用しているツール
  ・営業方法(売り込みのチャネル、提案方法など)
  ・商品提供のしくみ
 <企画開発系部門>
  ・対象商品
  ・開発の範囲
  ・企画開発の方法(手順、関係先、評価方法等)
② 主要業務の内容
③ 主に利用しているシステム(全社システム、部門システム)とその評価

2.業務課題について

① 業務を進める上で最も重要なポイント(中期経営計画に照らして)
② 業務上の問題点、課題
③ 業務上での改善策
  クライアントの拡大
  コスト削減
  商品魅力度アップ など

3.システム課題について

① 現状システムの問題点
② 現状システムへの改善要望
③ 新たなシステム化の要望

関連記事

  1. 情報化のレベルについて

  2. その「見える化」は実は「見る化」です

  3. 自分でトラブルを起こし自分で解決。そして評価UP!!

  4. キャッシュエンジン経営という名のリスク管理

  5. アフィリエイト探索

    あなたの代わりに費用対効果の高いアフィリエイトASPを探します

  6. アイデアを形にする脳内試行実験

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

いろいろ思う事

環境の変化への適応ができないものは滅びるのか?

コンサルティング

投資対効果と費用対効果の違いについてわかりますか?

コンサルティング

属人化を剥がす(1) 標準化がうまく行かないわけ

いろいろ思う事

たたき台(ドラフト版)を作れない人は意外に多い

コンサルティング

業務部門への課題ヒアリングのあれこれ