コンサルティング

コンサルティング型広告代理店のフェイスギア

悪質Web販売代行にご注意を...

フェイスギアの商品について代理店様に大変お世話になっている状況ですが,
販路拡大のために「Web販売代行」と言うものに依頼してみようと考えた。

まず前提条件としては,とりあえず販売手数料(変動費)は多少高くても
いいので固定費がなるべく発生しない事とした。
※やはりリスクヘッジは大事!!

次に業者をさがしていくと「固定費なし」は中々少ない尚且つ殆どの業者は
物販がメインでソフトウェアを取り扱う事がない。
その為,対象は必然的に少なくなる。
いくつかの業者に問合せてみたが条件が合わないのでハードルを下げ
固定費も多少はOKとした。

それから少し忙しくなったので放置していたのだが再度探してみることに..
すると「費用なし」「ソフトウェアOK」と書かれたHPを見つけた
さらにはYahooカテゴリ登録等の販促もやりますと書いてあった。

問合せてみると↓
「HPには書いてありませんがシステム利用料(2万円程度)が必要」
このあともサービス話ではなくお金の話ばかり胡散臭い事この上ない感じ

そこで当初の目的とは変わってしまったがビジネス上のネタ集めの為と
ちょうど有効期限切れ間近のカードがあったので契約してみることにした。

【契約時の胡散臭い点】

  1. HP上の会社名と契約書の会社名が違う
    HP上の会社担当者と契約書の会社の代表者は同じ名前
  2. 毎月払Web決済後の2ヵ月後,2回目のWeb決済のサンクスメールが
    届いた業者が勝手にカード番号を使って決済?

【契約後の胡散臭い点】

  1. 販売用HPがサイトUPされるのに2ヶ月掛かったその間音沙汰なし
  2. 販促やSEM/SEO等の対策を採っている気配なし
  3. 相手側からの連絡はなし(※こちらから連絡するとやっている振り)

その後,販売用HPはGoogle先生にも相手をされず...
対策を確認すると「完璧なSEO」を実施するとの事(そんなものある訳ないし..)
1ヵ月後,さらに状況を確認すると「ペンギンアップデートにやられて
他の顧客も軒並み急降下中で大変」との事(やっぱり悪質SEO屋かよ!!)

そうこうしている内にカードの有効期限切れ,引き落としがなかったので放置プレイ

それから3ヵ月後,業者から引き落としが出来ていないのでとメールで請求書が
送付され,電話連絡がきたので第一声で「そちら起点の連絡は初めてですね」と
プレッシャーをかけてやりました。

その後,少しやり取りがあったが以下の理由を付けて全て跳ね除けた。

  1. 売れないのは仕方ないにしても販売努力も何もしていない。
    ⇒販売用HPが誰にも知られずにひっそりと佇む。
  2. HP上の会社名での請求
    ⇒契約していない会社から請求される言われはない。

販売ノウハウもなくSEO屋がシフトしているだけというパターンが多いこと!!

Web販売代行を依頼検討する場合は,アプローチ方法を確認してみるのが
好いと思います。
1番目に単独でSEOがくる所はアヤシイです。
SEOは不安定で時間が掛かる為,サイト立ち上げ時やアクセスが少ない時期の
初期段階はSEM(Google広告など)から始めるのが定石です。

関連記事

  1. コンサルティング型広告代理店のフェイスギア

    その「見える化」は実は「見る化」です

  2. コンサルティング型広告代理店のフェイスギア

    キャッシュエンジン経営という名のリスク管理

  3. コンサルティング型広告代理店のフェイスギア

    ヒアリングのコツのあれこれ

  4. 広告代理店の休息

    属人化を剥がす(1) 標準化がうまく行かないわけ

  5. コンサルティング型広告代理店のフェイスギア

    プロジェクトを炎上させる人は「いいひと?」

  6. 広告代理店のアイデア

    たたき台(ドラフト版)を作れない人は意外に多い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

いろいろ思う事

環境の変化への適応ができないものは滅びるのか?

広告代理店の休息

コンサルティング

属人化を剥がす(1) 標準化がうまく行かないわけ

広告代理店の休息

コンサルティング

経営層への課題ヒアリングのあれこれ

広告代理店の休息

コンサルティング

業務部門への課題ヒアリングのあれこれ

広告代理店の休息

いろいろ思う事

アイデアを形にする脳内試行実験

広告代理店のアイデア