マーケティング

実績やこだわり

そのブランディングは間違っていませんか?

ブランディングは、「ブランド」を形成するための活動ですが色々調べていると「ロゴ」を作ったり「商品」を統一感でアピールするみたいな感じぽいですが、でもそれって違いませんか?

 

例えば、小綺麗にパッケージングされた「さくら餅」と創業100年変わらぬ味の「さくら餅」のどちらに「ブランド」価値があるのでしょうか?

 

ブランドは、思い描く理想が形になるのではなく「積み重ねた実績やこだわり」など継続性が形になるものだと思います。
なのでブランディングは「積み重ねた実績やこだわり」をアピールして知ってもらう為の活動という事になる。

ブランドがある状態と言うのは、この企業の商品は買って間違いないと顧客に思わせることで、新商品がでても取り合えず「買ってみる」行動にさせる状態になる。

 

これは企業に限らず個人にも当てはまる、あなたの「積み重ねた実績やこだわり」をアピールして知ってもらえば「ブランド」に育って行くと思います。
ただ自慢話はしないでくださいね。

 

 

関連記事

  1. 傾向を探る

    心理学は傾向を探るためにある、特定の誰かではない

  2. 広告代理店の探索・調査

    あなたの代わりに費用対効果の高いアフィリエイトASPを探します

  3. 広告代理店のアイデア

    たたき台(ドラフト版)を作れない人は意外に多い

  4. 広告代理店のあれこれ思う事

    投資対効果と費用対効果の違いについてわかりますか?

  5. コンサルティング型広告代理店のフェイスギア

    シナリオメールを利用したい

  6. 集客ネットワーク

    SNS運用の基本はコミュニティ作りです

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

最近の記事

  1. 集客ネットワーク
  2. チャレンジ
  3. 傾向を探る
  4. 実績やこだわり
  5. ショールーム

お知らせを希望する方


名 前:メール:

PAGE TOP

コンサルティング

ナレッジマネージメントの成功への第一歩

集客ネットワーク

マーケティング

ランディングページはWordPressにおまかせしよう

SEOのつながり

マーケティング

店舗を持たずにショールームを活用する

ショールーム

マーケティング

インターネット集客の種類と選びかたをお伝えします

広告代理店の集客システム

マーケティング

見込み客からのアプローチを拒否していませんか?

広告代理店のアプローチ